はじめに

このブログについて:痔瘻で悩むすべての方へ

このブログについて:痔瘻で悩むすべての方へ

僕は、27歳で痔瘻(じろう)という病気になりました。

 

痔瘻は、痔の一種で、そして、痔の中で最も大きな病気と言われています。

 

 

この病気になったとき、そして、手術をして、入院して、治療しているとき、ずっと「不安」「苦しさ」でいっぱいでした。

 

 

いま、痔瘻の方、もしくは痔瘻の疑いがある方も、僕と同じように「不安」や「苦しみ」と闘っていらっしゃると思います。

 

 

そんな方々に、いま痔瘻が完治した僕からできることは、「安心」を少しでも与えれることかなと思います。

 

 

このブログでは、痔瘻の発症から、手術、入院、入院後の生活、そして完治に至るまでを、事細かに書いています。

 

 

やはり人間は、「知らない」と不安になります。

 

 

そして、「ゴールが見えない」ことも、不安になる原因のひとつです。

 

 

このブログを読んでいただいて、僕が痔瘻とどう向き合って、さらにどうやって完治していったかを知ってもらい、少しでも、 いま感じている「不安」が「安心」に変われば嬉しいなと思っています。

 

 

なぜ僕がこのようなブログを書こうかと思ったかというと、僕も同じように、痔瘻を体験された方の情報に救われたからです。

 

 

その恩返しを、僕はいま苦しんでいる方々に対して、果たすべきではないかなって考えています。

 

 

痔瘻で苦しんでいるみなさん、僕はその苦しみを知っています。

 

 

でも、完治します。僕は完治しました。

 

 

止まない雨はありません。大丈夫です。

 

 

なので、前を向いて、痔瘻と向き合いましょう。

 

 

そんな思いを込めて書いているので、ぜひ読んでみてくださいね。